今年4月に移築復元した唐津市南城内の旧大島邸に10日、掛け軸や茶器が寄贈された。同邸での呈茶などに活用する。 掛け軸は約200年前のもので、唐津藩主小笠原長昌の下で働いた宗〓流の茶人山田宗俊の書。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加