九州北部で発生した豪雨災害の支援に役立ててもらおうと、佐賀市の松尾建設(松尾哲吾社長)は12日、社員の募金などで集めた義援金200万円を日本赤十字社県支部に寄付した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加