「15分が限界だ」「作業が遅れる」-。九州北部の豪雨の被災地は13日、日中の最高気温が30度以上の真夏日となり、泥出しなど復旧作業に取り組む被災者やボランティアの表情には濃い疲労の色がにじんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加