九州電力は13日、東松浦郡玄海町の玄海原発1号機の廃炉作業に着手した。30年近くを要する計画で、配管内に付着した放射性物質を取り除く準備から始めた。 配管は原子炉格納容器内にあり、冷却水が循環する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加