ぬいぐるみや人形を供養する「形代(かたしろ)・人形感謝祭」が10日、佐嘉神社境内の松原恵比須社で開かれた。1年間、神社に持ちこまれた約2100体が供養された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加