■宗教の役割考える 東日本大震災の被災地を2014年と15年に訪れた。佐賀の僧侶や檀家(だんか)と会津若松地方を巡り、仮設住宅の戸をたたいた。 「避難者は『泣く場所がない』という。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加