磁器製のひな人形が飾られた通りを子どもたちが着物姿で散策するイベントが19日、有田町で開かれた。色とりどりの着物を着た子どもたちが、陶磁器店や窯元に立ち寄りながら、春の陶都を満喫した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加