■貢献者、藩を守る犠牲に 武雄領主の鍋島茂義(しげよし)が西洋式砲術の導入を巡って重用した家臣、平山醇左衛門(じゅんざえもん)は文化7(1810)年、武雄鍋島家の下級家臣の家に生まれている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加