■「出産まで切れ目ない支援」 佐賀県は、2013年秋から、少子化対策の一環で結婚支援事業に乗り出した。これまで事業を通して結婚したカップルの数は、把握できているだけで53組(16年度末)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加