鳥栖はG大阪のスピードのある攻撃を防ぐことができず3失点。攻撃では13本のシュートを放ったが、決定力を欠いた。 鳥栖は前半33分、サイドを突破されてクロスを上げられ、相手FW長沢に先制点を奪われた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加