国土交通省が21日公表した2017年1月1日時点の佐賀県内の公示地価は、住宅地と商業地の下落幅が5年連続で縮小し、商業地では佐賀、鳥栖の2市が上昇に転じた。市町単位でプラスが出たのは20年ぶり。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加