唐津市厳木町の篠原司さん(55)が、風情ある古民家を鉛筆で描いた絵画展を、佐賀市の山口亮一旧宅で開いている。佐賀の城下町の古き良き面影を、素朴かつ柔らかな筆致で捉えた55点が並ぶ。7月3日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加