ニセ電話詐欺が絶えない中、金融機関などの声掛けによってだまされているのが発覚し、被害を未然に防ぐケースも増えている。県警の調べで、2016年に阻止したのは118件に上り、7906万円の被害を水際で食い止めた。