梅雨時期の洪水に備え、堤防決壊などを防ぐための水防工法訓練が21日、佐賀市の嘉瀬川河川敷で開かれた。佐賀、小城市の水防団ら約300人が参加し、きびきびとした動きで土嚢(どのう)を積み上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加