政府は2020年東京五輪・パラリンピック大会開催を見据え、これまで全国11カ所で開催していたサイバー防衛演習を本年度から47都道府県で展開する。地方自治体のサイバー攻撃への対応力を高めるのが狙い。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加