特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)の抑止策を定めた全国初の大阪市条例が1日、全面施行された。ヘイトスピーチと認定した場合は、市ホームページで実施団体・個人の名前を公表。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加