佐賀県は20日、唐津市鎮西町の名護屋浦の養殖マガキから、国の規制値を超えるまひ性貝毒が検出されたと発表した。 県水産課によると、規制値の約3.2倍の貝毒を20日に検出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加