攻撃の司令塔レイナルド・ガルシアが、この日はゴール下で存在感を示した。 187センチの33歳は、ゴールから離れたポジションのプレーを得意とするが、相手の2メートル越えの選手と深い位置でマッチアップし気を吐いた。「体力をかなり消耗したができることはやった」と充実した表情を見せた。