優勝を決め喜びを爆発させるサガン鳥栖U―12=多久市西多久多目的運動広場

 JA杯第38回佐賀新聞学童オリンピック大会サッカー競技(県サッカー協会・佐賀新聞社主催、JAグループ佐賀特別協賛)は10日、多久市の西多久多目的運動広場で準決勝と決勝があり、サガン鳥栖U―12(鳥栖市)が5年連続12度目の優勝を飾った。

 準決勝では、サガン鳥栖U―12が5―0でPLEASURE SC RED(みやき町)に大勝。唐津フットボールクラブ(唐津市)はGRANDE LAZOS FC(佐賀市)に1―0で競り勝った。決勝は一進一退の攻防の末、サガン鳥栖U―12が2―0で唐津フットボールクラブを下した。

 表彰式では、県サッカー協会の福岡淳二郞会長と佐賀新聞社の増田好彦広告部長、JA佐賀中央会の木下直樹農政広報部長が賞状やJA杯などを手渡した。

 上位2チームは、来年3月に宮崎県で開かれるJA全農杯第30回九州U―11サッカー大会に出場する。(中村健人)