本庄の鍋島平右衛門清久が鍋島家再興を願って彦山に参詣した天文年間(1532~1555年)は、分裂を繰り返した地方勢力が国単位にまとまり、再編に向かう戦国時代のターニングポイントである。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加