リーグ年内最終戦を勝利で締めくくったレットル佐賀の選手たち=吉野ヶ里町文化体育館

 第48回日本ハンドボールリーグ第16週第1日は2日、吉野ヶ里町文化体育館などで行われた。男子のトヨタ紡織九州レッドトルネードSAGA(レットル佐賀、神埼市)はゴールデンウルヴス福岡に39―19で快勝し、年内リーグ最終戦を勝利で締めくくった。通算成績は9勝1分け2敗(勝ち点19)で、順位は変わらず3位。

 レットル佐賀は序盤、中央の酒井翔一朗にボールを集め、ポストプレーで得点を重ねた。中田航太も速攻から得点を決めるなど、常に優位に試合を進めた。18ー10で折り返すと、さらに攻勢を強め、田中大斗や成田幸平の連続得点で突き放した。

 次戦は来年2月10日午後2時から、小城市の芦刈文化体育館でトヨタ自動車東日本(宮城)と対戦する。

トヨタ紡織九州(19)39(18-10・21-9)19ゴールデンウルヴス福岡(0)