政府の働き方改革で政府と連合、経団連がまとめた残業時間の上限規制案を巡り、休日労働を上乗せすれば、年720時間の上限を超えて960時間まで働かせることが可能であることが23日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加