厚生労働省は1日、医薬品の市場での取引価格が、公定価格である薬価を6・0%下回ったと公表した。診療報酬の2024年度改定で薬価を市場価格に近づくよう引き下げる。最大で国費1千億円程度の圧縮につながる可能性がある。