第43回ジャパンカップを制したイクイノックス=26日、東京競馬場

 11月26日に東京競馬場で行われたジャパンカップを勝ち、史上最多に並ぶG1で6連勝(1984年のグレード制導入後)を果たしたイクイノックス(4歳牡馬)が引退することが30日、関係者の話で分かった。10戦8勝で総獲得賞金(日本中央競馬会以外の競走も含む)は22億円を超え、歴代1位。

 2021年にデビューし、2戦目で重賞初制覇。昨年は日本ダービーなど3歳クラシックは2戦とも2着だったが、その後は天皇賞・秋、有馬記念とビッグレースを制し、年度代表馬に選出された。今年はドバイ・シーマクラシック、宝塚記念とG1連勝でスタートし、天皇賞・秋で連覇を飾った。