鹿児島県・屋久島空港に駐機する米軍のオスプレイ=29日夜

 米軍の輸送機オスプレイ=3月、那覇市

 29日午後2時40分ごろ、鹿児島県・屋久島沖で、米軍横田基地(東京)所属の米空軍輸送機CV22オスプレイの機影がレーダーから消えた。海上で機体の残骸とみられる物や無人の救命ボートが見つかり、墜落したとみられる。海上保安庁によると、6人が搭乗しており、海上で搭乗員とみられる男性1人が発見され、死亡が確認された。左エンジンから出火していたとの目撃情報がある。

 陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀県)は29日、予定していた30日の陸自V22オスプレイの飛行訓練見合わせを決めた。安全性に疑問が持たれてきたオスプレイに対する不安や反発が高まることは必至だ。

 政府関係者によると、岸田文雄首相は29日、米軍への一時飛行停止要請も含めて対応を検討するよう関係省庁に指示した。防衛省によると、日本国内で過去に起きたオスプレイの事故で死者は出ていない。死亡した男性が搭乗員と確認されれば初のケースとなる。

 海保によると、午後2時45分ごろ、釣り人から「オスプレイが墜落した」と118番があった。死亡した男性は外国人とみられ、緑の迷彩柄の服と救命胴衣を着用していた。