3日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」の第26話はほぼ丸ごと肥前名護屋城が舞台になる。愛息鶴松を失い、隠居するかに見えた豊臣秀吉が、名護屋に城を築き、朝鮮への侵攻を始める。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加