餅まきに歓声を上げる子どもたち=白石町のふくどみマイランド公園

 白石町を中心とした農産物や食、雑貨の出店やキッチンカーグルメが集まった「SAGAこだわりマルシェキャラバン」が23日、白石町のふくどみマイランド公園で開かれた。約70店が並び、ステージイベントや餅まきもあって親子連れらでにぎわった。

 地元のレンコン農家・黒木啓喜(ひろよし)さん(67)ら有志でつくる実行委員会が2年前から始めて4回目。

 レンコンやタマネギ、ホワイトコーンなどの白石の特産品やすしのタマネギ巻きなどの加工品のほか、町外からもスイーツや雑貨、子ども向けの射的など店がテントを張った。佐賀市から訪れた親子連れは「店が多彩で楽しみがいろいろ」と買い物と飲食を楽しんでいた。

 巨大なトラクターなど働く車の展示もあり、子どもたちは乗り込んで「高~い」と大きさを実感。餅まきではトラックの周りに500人近くが集まり、お楽しみ券が入った餅の袋を「こっち、こっち」と歓声を上げながら奪い合った。(小野靖久)