感謝の涙は尊いものだ。先週、画家池田学さん(43)=多久市出身、米国在住=の感極まった涙の場面に居合わせた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加