国家公務員退職手当法の改正に合わせて退職金を引き下げたのは不当として、佐賀大学を退職した元教授2人が引き下げ分の支払いを大学に求めた訴訟の判決で、佐賀地裁は24日、請求を棄却した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加