■“絵手間”かけ藍の世界 天然の磁石を砕いて粘土にする有田焼。「他産地で使っている配合陶土の器が西洋紙としたら、有田焼は上質な和紙」。納富彩子さん(43)は絵付けの感覚をそう例える。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加