■中国風を意識商品開発 有田焼創業401年目の年が明けた。県や町が総力を傾けたバックアップ体制も、いったんは区切りが付けられる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加