■惨劇の現場、遺族沈痛  悲しみこらえ遺体と対面   【ダッカ共同=角南圭祐、中檜理】激しい雨が上がった曇り空の下、日本人遺族らが惨劇の地に白い花束を献花し愛する人の死を悼んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加