熊本地震で被災した球児を励まそうと、多久市の多久高校野球部の保護者会が2日、同校に練習試合に訪れた松橋高校(熊本県宇城市)の選手らに手製のちらしずしと鶏の唐揚げを振る舞った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加