食中毒予防の知識を高めることを目的とした講習会が、鹿島市内で開かれた。鹿島料飲店組合祐徳門前班の店主や従業員など約50人が参加し、食中毒の防止や正しい手洗いの方法などを真剣な表情で学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加