■県環境センター、重大事故に備え 九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の重大事故に備え、佐賀県環境センターは本年度から5年間、発電所から半径5~30キロ圏(UPZ)の土壌について、放射能レベルを調査す…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加