地域の伝統文化の保存や後継者育成を支援している明治安田クオリティオブライフ文化財団(本部・東京、関口憲一理事長)は23日、鹿島市の納富分浮立保存会に助成金45万円を贈呈した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加