天皇陛下の退位について検討を続けている政府の有識者会議は、将来の全ての天皇も対象とする恒久制度ではなく、陛下一代限りの特別法での対応が望ましいという考えを示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加