うれしの茶生産の歴史資料館兼体験施設「うれしの茶交流館」の起工式が21日、嬉野市嬉野町の現地であった。事業主体の嬉野市や茶業関係者ら約70人が、施設完成の無事と施設活用による茶業振興を願った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加