佐賀市の神野小の5年生124人が1日、神野公民館でマイナス200度の液化窒素を使った超低温実験を体験した。凍った花がガラスのように崩れ、ゴムボールが割れるなど物体の変化の不思議を観察した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加