全国に33カ所ある国立公園の管理・運営に携わる現場職員の「自然保護官(レンジャー)」について、環境省が2020年度までに現在の2倍の約200人に増やす方針を固めたことが23日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加