白石町の北明小5年の子どもたちが1日、地域住民と力を合わせて田植えに挑戦した。児童21人が、保護者や学校運営協議会に加わっている地域住民と一緒に、約400平方メートルの水田でモチ米の苗を手植えした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加