オスプレイに原発、そして、新幹線と諫早湾干拓。佐賀県は今年も国策に揺れ続けた1年となった。いずれも結論は持ち越された形だが、来年は決着に向けた動きが出てくる可能性が大きい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加