文部科学省は23日、組織的に行われていた再就職あっせんの全容解明に着手した。現役の職員約2千人と、天下り規制が厳しくなった2009年以降に大学などへ再就職したOB約200人を調査対象とする方針だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加