佐賀県は20日、発熱と口の中にできる水疱(すいほう)性の発疹が主な症状で、夏風邪の代表疾患とされる感染症「ヘルパンギーナ」の患者報告数が基準値を超えたとして、2年ぶりに流行発生の警報を発令した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加