■景徳鎮模した“リバイバル” 華やかな元禄文化と合致 華やかな町民文化が栄えた江戸の元禄年間(1688~1704年)、中国・景徳鎮を模した“リバイバル磁器”「金襴手(きんらんで)」が有田で誕生した。清朝が磁器輸出を禁じたため、オランダが代用品として有田焼に注目。