木星の赤道近くの大気でアンモニアの雲がわき上がり、大規模な対流活動が起きていることを無人探査機「ジュノー」の観測で確かめたと、米航空宇宙局(NASA)のチームが26日付の米科学誌サイエンスに発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加