江戸時代に同じ対馬藩だった基山町と長崎県対馬市が廃藩置県後約150年の時を超え、ふるさと納税で手を取り合った。基山町からは佐賀牛などの牛肉、対馬市からは鮮魚などの海産物をお礼の品として提供し合う。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加