「からつ塾」の「講書始の儀」となる2月4日の本年第1回講義。今年もトップバッターを受け持つことになり、テーマは「庄屋文書を読む~その魅力に迫る」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加