◆「佐志坂峠」結界の場所か 豊臣秀吉は文禄・慶長の役(1592~98年)の前線基地として名護屋城を築き、人や物品移送のため、名護屋城大手門から大坂までの道路「太閤道」の整備を行った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加