■造形作家 舟一朝さん(佐賀市)シンプルな線に命感じる 「帽子をかぶった女の大きな頭部」の輪郭線は生きている線であり、とても好きだ。流れをつかんだような、すーっとした線。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加